30代以上の年齢の人は経験をアプローチ!採用される面接の仕方

korekara330代で転職で採用される場合に必ずアプローチしたいのは「経験」ですね。企業の多くは年齢が若い人を雇用したがります。若い内に一から教えて生涯その会社で働いてほしいと思うので、なるだけ若い人を雇いたがるのです。年を取ってからの雇用だと物覚えも悪いですし、途中でやめる可能性も高まります。そんな理由から若い人が雇用されやすいです。

では決して若くない30代以上の人が採用を勝ち取るにはどうしたらいいのでしょうか?若くないからって採用されないわけでもありません。30代以上で転職活動をした人だって採用される場合があります。ではそんな人はどのようにして採用を勝ち取っているのでしょうか?

実は30代以上の年齢の人にも強みがあります。それは働いた経験なのです。今まで働いてきて学んだ経験というのは絶対に別の会社でも役立ちます。その人が何を経験してきて何を学んだのかというのを面接者は知りたいのです。だから30代転職したいと思うのなら、今まで体験した経験をアプローチしましょう。そしてその経験がこの会社でどのように役立つかというのを面接官にアピールするのです。

この面接が面接官の心にガツンとはまったら、30代以上の人でも10代や20代の若い人たちに勝つことができるのです。採用されたい職場にどんな経験がいるといいのかというのを考えて、あらかじめどんなことを面接官にアプローチするのか考えておきましょう。そして自分の経験に絡めて話しましょう。それを熱心に面接官に伝えることができたら採用される可能性がぐっと高まりますよ。

30代転職するためのテクニックも御覧ください。

職場の人間関係のイラ付きは辞めるに値する、それが30代転職であっても

30代の私が上司にむかついたのは、こちらが真摯に対応しているのにまったく気持ちをわかってくれず、そればかりか半年間、自分の名前を呼んでくれなかったことです。その会社に入った時から感じていたことですが、新人を叩き潰すような風潮が会ったように感じます。これが30代で転職を決意した最初のポイントでした。

実際、社用車で同行してもらった時にも少し運転を間違っただけで激しく叱責されたり、潰して潰して立ち上がれないほどに叩くという風潮があったようなのです。なんでそこまでされなければならないんだという気持ちが強くなり、私は車に乗っている時に解消しようとしました。それは「わざと上司と話さない」ということです。そちらがそう来るならこちらもという形でムッとした顔をしながらハンドルを握り、ブレーキも少し強めに踏むなど、一歩間違ったら嫌がらせですが、それ相応のことをされてきたという経験があったので、上司に対しては尊敬の念もありませんでしたし、かえってむかつきやイライラしかありませんでした。

ただ、その結果、私のほうが精神的に参ってしまい、結果的に会社を退職することにもなってしまいました。ただ、むかつき度合いを減らしてから会社を辞めたので、結果的にはまあ良しとしました。

会社の人間関係でムカムカすることは一度や二度ではないと思います。しかしそれを超えてこそ、会社員人生があると思いますし、耐えられなかったら辞めるのもありだと私は思います。ただし、必ずむかつきは解消してから辞めるようにしましょう。

職人から職人へ、街に馴染めないから30代でも転職しました

宝飾会社の製造業から靴製造業に30代で転職した経験。

真珠の加工でありまして、浜揚げされた真珠を選別いたしまして工程が6課あるのですが、私は2課のこの真珠に穴をあける仕事をしていました。穴をあける仕事は専門の穴あけ機があるのですが真珠一つ一つを肉眼で見まして、その真珠をよりよく見せるためにはどこから穴を開ければいいかということを考えながら作業を行っていきます。珠のサイズがありまして、通常は6ミリくらいを開けるのですが、大きいものになりますと、10ミリ以上のものもあります。このような珠は高額ですからかなり神経を使っていました。失敗してやり直しがききませんから、大変でした。

4年間その会社で働いていたのですが、私は地方出身者でしたから、どうしても今一つその街になじめなかったということが一番大きかった30代転職のきっかけと思っています。
もちろん大きな会社でしたから、全国から採用されていましたが、やはり育った環境もあると思うのですが、友達はいても、どことなく毎日の生活にはりというものが
なかったような気がいたしまして、私は、3年目くらいから故郷に帰りたいなあって考えるようになっていたのが事実です。いい会社で正社員でもあったのですが。

30代の転職活動としましては、故郷に帰りまして、ハローワークへ行きました。そこで、失業給付の手続きをしまして、その間が確か3か月間でしたからその間には仕事に就かなければいけませんでしたから、求人情報をもとに面接などに行っていました。その当時5社くらい面接を受けましたが特に資格というものも持っていませんでしたので、手当たり次第ではありました。結果一つも採用されることはありませんでした。とても不安になりましたがそんなときに親戚の人の紹介で次の靴製造の会社に入社することができました。正社員で入れたのでよかったです。

友人の紹介から異業種へ30代で転職!充実してます

お客様の一軒家やマンションや団地に直接車で行って、そのお宅についている古いサッシを解体して取り外し、新しいサッシを取り付けする仕事です。一般的には職人という項目になると思いますが、正社員で親会社からの下請けになります。サッシが変わるだけで室内の温度差や騒音などかなり変化がありますので、取り付け後にはお客様から喜ばれることが多く、非常にやりがいのある仕事です。

30代で転職をした理由は前職であるサラリーマンの営業職にて朝が非常に早く帰りが終電くらいまでの毎日でしたので、そのような日々に疲れてしまったことが原因で退職をしました。今の仕事は前職みたいに早出から残業ということはなくなったのですが、側近に上司が3人いて教えてくれらる仕事のやり方などが3人ともバラバラなので、仕事を進めていくうえで揉めたりなどをする原因になっているので、それが今現在の悩みでする

友人からの紹介ですのでハローワークを通じてという30代によくある転職活動ではなかったのですが、ただ職人業というのが最初にわからなかったので、入社する前に派遣会社に短期登録をして、似ている仕事内容のところを希望はして事前に雰囲気や環境を学んだりしました。そのおかげもあって、今の会社に入ってからも仕事環境の違いという面で悩んだりといったようなことはなく、今でも充実した毎日を過ごしていくことができています。サラリーマン時代ではあまり無かったチカラでしたが、今の仕事のおかげで気がついたらチカラ持ちになっていました。

内外装業のアルバイトから、塗料販売店の営業マンに転職

会社の事業内容は塗料販売の卸がメインです。他にも塗装に関する用品全般を扱う販売店です。顧客は基本的に塗装業者や車の板金塗装業者、製作所などの企業がメインで、個人のお客様にも販売しています。
仕事内容としてはルート営業です。基本は契約している塗装業者、塗装の職人さんの御用聞ききで、必要な材料の手配から配達です。配達も事務所や現場など様々な所に納品します。他にも塗装に関する相談や、現場の調査なども行います。

前職がアルバイト扱いでかつ、現場作業という天候に左右されやすい職種なので仕事量も季節で変動してしまいます。基本給が設定されている訳でもないので仕事量が少ないと極端に収入が減りました。このような状態で安定した収入がなかなか得られなかったのが1番の転職理由です。他にも内外装業や塗装業など建築関係の下請け業者は、小規模で大半が家族経営の職場だと思います。その雰囲気に馴染めきれないところもありましたし、あくまでもアルバイト扱いだったので保険などの支払いも大変でした。

転職活動としては時間を作ってハローワークに通ったり、求人サイトの検索、ハローワークのホームページを毎日チェックしていました。最終的にこの職場に決まった理由は、ハローワークや求人サイトではなく、前職のアルバイト先に定期的に来ていた、材料の販売業者からの紹介でした。たまたま営業の空きが出た時で求人を出すという話を頂きました。私は現場の経験もあり、知識も多少はあり全くの素人ではなかったので、一度面接を受けてみたらどうかと勧められたのがキッカケです。結果、正社員として入社が決まりました。今ではアルバイト先も感謝していますし、やはり人との繋がりは大切だと実感しました。

服飾卸の事務から、タクシー会社の事務に30代転職

毎日全国の営業所から「日報」と呼ばれるタクシー運転手がお客様を乗せた発着地や時間・金額などを書いた紙や使われたクレジットカード控、チケットが届けられます。
それらを不正がないか、計算が間違っていないかを確かめながらパソコンを使ってデータ化していく仕事をしていましたが、30代で転職をしました。

全て終わってからデータを印刷して計算や入力が間違っていないか別の人が確認します。
上記を毎日して、締め日に運転手の給料計算やクレジットカードやチケットなどの請求をしていきます。

服飾卸の事務は家族経営のような30人弱の会社でした。この会社には30代で転職した人が多いそうです。
そのため、私が入社した年は私一人で同期がおらず、一番年が近い女性も10歳上だったので愚痴など本音が言えず…
挙句の果てに年配の男性達の私に対する対応が気に入らなかったらしくその先輩女性のイライラを発散する対象になってしまいかなりストレスでした。
そしてほぼ毎日2~3時間は残業をしていたのですが、サービス残業だったので達成感や頑張った分の対価の実感が持てなかったです。

私は退職してから専門学校に通ったので、30代転職というよりも新卒扱いになるかもしれませんが…
学校に来る求人票以外にも自分でリクナビやマイナビなどのサイトを見たり、もう一度自分で就職活動用のメイクや履歴書の効果的な書き方などを勉強し直しました。
そして就職エキスポなどにも行き企業の話を聞いたり、特に興味も無かった会社にも積極的に足を運んで自分の狭い世界を広げようと努力しました。
そして、やはり同期が欲しかったので離職率が低く数十名求人を出している企業に絞って行動していました。