30代以上の年齢の人は経験をアプローチ!採用される面接の仕方

korekara330代で転職で採用される場合に必ずアプローチしたいのは「経験」ですね。企業の多くは年齢が若い人を雇用したがります。若い内に一から教えて生涯その会社で働いてほしいと思うので、なるだけ若い人を雇いたがるのです。年を取ってからの雇用だと物覚えも悪いですし、途中でやめる可能性も高まります。そんな理由から若い人が雇用されやすいです。

では決して若くない30代以上の人が採用を勝ち取るにはどうしたらいいのでしょうか?若くないからって採用されないわけでもありません。30代以上で転職活動をした人だって採用される場合があります。ではそんな人はどのようにして採用を勝ち取っているのでしょうか?

実は30代以上の年齢の人にも強みがあります。それは働いた経験なのです。今まで働いてきて学んだ経験というのは絶対に別の会社でも役立ちます。その人が何を経験してきて何を学んだのかというのを面接者は知りたいのです。だから30代転職したいと思うのなら、今まで体験した経験をアプローチしましょう。そしてその経験がこの会社でどのように役立つかというのを面接官にアピールするのです。

この面接が面接官の心にガツンとはまったら、30代以上の人でも10代や20代の若い人たちに勝つことができるのです。採用されたい職場にどんな経験がいるといいのかというのを考えて、あらかじめどんなことを面接官にアプローチするのか考えておきましょう。そして自分の経験に絡めて話しましょう。それを熱心に面接官に伝えることができたら採用される可能性がぐっと高まりますよ。

30代転職するためのテクニックも御覧ください。